症状から検索

まぶしい

コンタクトレンズで角膜を傷めたときや、スキー場などで紫外線を目にたくさん受けて角膜に炎症を起こした場合によく起こります。また、虹彩などに炎症があるときにもこの症状が見られます。

透明であるはずの水晶体や角膜が濁ってくると、濁りによって光が錯乱し、まぶしさを感じます。