症状から検索

黒いものが見える

糸クズのようなものや蚊のような黒い小さなものが飛んで見えることを飛蚊症と言います。

加齢に伴う生理的な場合が多いのですが、早期発見が大切な他の疾病の初期症状ということも十分考えられます。

急に糸くずのようなものが増えてきたという場合は、網膜剥離や硝子体出血などが考えられますので、眼科専門医による精密検査・診察を受けることが大切です。