症状から検索

ウイルス性結膜炎

症状(充血・ごろごろ・異物感・赤い・めやに・かゆい)から見た可能性のある病気-ウイルス性結膜炎(流行性角結膜炎・咽頭結膜熱・急性出血性結膜炎・ヘルペス性結膜炎)-

ウイルス性結膜炎(うぃるすせいけつまくえん)

ウイルスの感染で起こる結膜炎には、 急性出血結膜炎 と 流行性角結膜炎 、 咽頭結膜熱 があります。これらのウイルスで起こる結膜炎は感染力がとても強いので「はやり目」と呼ばれています。学校の友達や家族、仕事仲間など、周りの人たちにうつさないように注意が必要です。

 

● 原因

ウイルス感染

● 症状

激しい充血、めやに、痛み、涙、異物感など。症状の強い人では瞼の裏に白い炎症性の膜ができたり、白目にゼリー状の水ぶくれができたりすることもある。

● 関連症状

かすむ、瞼が腫れる

流行性角結膜炎(りゅうこうせいかくけつまくえん)

アデノウイルス(8型、19型、37型)によって起こる結膜炎。

最初は片目だけに発症しても、数日中にもう片目に症状が出現することがあります。

● 原因

ウイルス感染

● 症状

激しい充血、めやに、痛み、涙、異物感など。

耳の前のリンパ節が腫れることもある。

症状の強い人では瞼の裏に白い炎症性の膜ができることもある。

咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)

別名「プール熱」と呼ばれ、結膜炎、咽頭痛、発熱を三主徴とする疾患です。アデノウイルス(3型、4型、7型など)によって起こります。

● 原因

ウイルス感染

● 症状

充血、めやに、喉の痛み、発熱 、耳の前のリンパ節の腫脹

急性出血性結膜炎(きゅうせいしゅっけつせいけつまくえん)

エンテロウイルス(70型)やコクサッキーウイルス(A24変異型)によって起こる結膜炎で、「アポロ病」という呼び名もあります。

● 原因

ウイルス感染

● 症状

充血、白目をおおう眼球結膜に出血、瞼の腫れ、耳の前のリンパ節の腫れ

ヘルペス性結膜炎(へるぺすせいけつまくえん)

ヘルペスウイルスによる結膜炎は、他の人にはあまりうつりません。このウイルスは特徴的な角膜炎(角膜ヘルペス)を合併することもある。

● 症状

白目の充血、めやに、目の周りの皮膚に小さな薄い赤色の水疱が出る

● 関連症状

かすむ、瞼が腫れる