目の病気について

緑内障
○緑内障とは?

緑内障とは?視神経がおかされ視野が欠けてしまう病気。
白内障と並んで中高年の代表的な眼の病気で、最近の大規模な調査では、 中高年の20人に1人が何らかの緑内障をもっていることが予測されています。
自覚症状が少ないため、多くの人たちが緑内障と気づかないことが多く、 40歳を過ぎたら一度眼科で診察をうけることをおすすめします。
人間ドック等の健康診断で視神経乳頭の異常でみつかることもあります。

○原因

目の中の房水(目に栄養を運ぶ液体)が排泄されにくい、または排泄されない状態になり眼球中の圧力(眼圧)が高くなることで視神経が障害され発症します。
また、眼圧が正常であっても緑内障がおこる場合もあります(正常眼圧緑内障)。
40歳以上の約20人に1人が発症するといわれています。

○症状

視野が狭くなる、ぼやける、見えにくいなど

 

急な眼痛、頭痛、吐き気、充血、かすみ目が起こった場合は急性緑内障発作の可能性があるのですぐに診察を受けることをおすすめします。

○検査

まず視力、眼圧を測定するとともに眼底の視神経の観察を行います。
また視野検査も必須です。
OCTという機械で網膜の厚みを測定したりもします。

○治療

原則的には点眼薬で進行を抑えます。
それでも進行する場合レーザー治療や手術治療を行います。